2010年04月12日

生活保護受給者、自殺率2倍=精神疾患が影響か−厚労省調査(時事通信)

 生活保護受給者の自殺率(10万人当たりの自殺者数)が、全国民平均の2倍以上高いことが9日、厚生労働省の調査で明らかになった。2008年は受給者54.8人に対し、全国民平均は25.3人。同省は「自殺要因の一つである精神疾患の割合が、受給者で高いことが影響しているのではないか」と分析している。生活保護受給者の自殺率公表は初めて。
 調査結果によると、08年の生活保護受給者153万7893人のうち843人が自殺。自殺者の68.9%に当たる581人が何らかの精神疾患を抱えていた。同年の精神疾患の患者数の割合は、全人口が2.5%だったのに対し、生活保護受給者は16.4%と際立って高かった。同省は、貧困などが精神疾患を引き起こしたケースもあるとみている。 

【関連ニュース】
自殺者最多は3月1日=休日は減る傾向
ホームレス、全国で1万3000人=減少幅は過去最大
自殺者、6カ月連続減少=東海、北陸、関西は増加目立つ
犠牲者10人の冥福祈る=「たまゆら」火災から1年
つらさ乗り越え自殺予防へ=遺族支援で集い

くも膜下出血 働き盛り注意! 脳ドックが有効(産経新聞)
沖縄密約「全面開示」 どよめく原告 「一種の革命」(産経新聞)
ドラマ「カバチ」でTBSに抗議=「行政書士が示談交渉」−大阪弁護士会(時事通信)
ビール瓶で警察署を襲撃 少年3人逮捕、千葉(産経新聞)
奥西死刑囚の即時釈放を…支援者ら高検に要請(読売新聞)
posted by ヒライデ サチハル at 19:59| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。