2010年03月31日

小学教科書検定 「“ゲット”って何?」気になる検定意見(産経新聞)

 教科書検定審議会が申請本に付けた膨大な検定意見の中で、気になるものを拾ってみると…。

 6年社会上では、日韓併合後に「日本語で教育される朝鮮の子どもたち」とされた写真に「『子どもたち』とするのは不正確」との意見が付いた(東京書籍)。実際には農村の国語講習会で、大人も含まれていた。同じ写真が平成15年度検定ではパスしていた。

 1、2年の生活では、章のとびらにカマキリをふざけて顔に乗せた男の子の写真が使われたが、「安全について必要な配慮を欠いている」と指摘。女の子がつららを目にかざす写真に変更された。

 4年の理科では、昆虫写真家の今森光彦氏をインタビュー入りで2ページを使って紹介。身近な自然に関心を持つことの大切さを伝えたが、「特定の写真家の宣伝になるおそれがある」とされ、ほとんど削除された。

 4年の国語では、「チョコレート工場の秘密」を紹介する読書案内で、「びんぼうなチャーリーが(中略)工場への招待状をゲット」と説明。これに「理解しがたい表現」と意見が付いた。「ゲット」は小学生が好きな「ポケモン」ではよく使われる表現だが、教科書では認められないようだ。

【関連記事】
小学教科書検定 官房長官、竹島記述「正確に記述、何ら問題ない」
小学教科書検定 算数、理科を文系教員にも優しく
小学教科書検定 年越し派遣村、裁判員…最新の話題に言及
小学教科書検定 伝統文化尊重、ページ数増で「ゆとり」決別
小学教科書検定 神話など伝統文化増えるも、自虐史観は残る
あれから、15年 地下鉄サリン事件

人殺到、不調訴え=東京・原宿の竹下通り(時事通信)
「紙との共存共栄図る」=電子書籍出版社協が発足会見(時事通信)
<小林陣営違法献金>「法令順守する」自治労(毎日新聞)
郵貯限度額、2000万円に=政府出資は3分の1超(時事通信)
容疑者拘束、日本政府も確認=情報提供要請へ−ギョーザ事件(時事通信)
posted by ヒライデ サチハル at 12:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。